1. HOME
  2. 展示・イベント予定
  3. 渡来人、富田林に寺を建てる

渡来人、富田林に寺を建てる

2022年1月29日 ~ 2022年1月29日

じないまち歴史・文化ゼミナール -仏教伝来と新堂廃寺-

約1400年前、飛鳥寺や法隆寺、四天王寺に匹敵する本格的な寺院として、新堂廃寺が富田林に建っていました。
新堂廃寺は、南河内で最古の寺院と考えられており、その造営には朝鮮半島の百済から来た技術者が
携わりました。
なぜ富田林に建てられたのか、新堂廃寺とは果たしてどんな寺院だったのか、
百済との関係を視野に入れ、その謎を考察します。

※予約制です!
申込方法は、下記の「申込」や「チラシ」をご確認下さい。

日程

2022年1月29日(土)

時間

14:00~16:00

場所

寺内町センター2階(旧杉山家住宅前)

対象

中学生以上

定員

25名

持ち物

筆記用具

参加費

¥1,000

申込

1月6日(木)10時より開始(メール受付も可)
【Tel】0721-23-6117(旧杉山家住宅)
【Mail】sugiyama-ke@jinaimachi.jp  ※住所・氏名・電話番号をお送り下さい
(メール受取確認の返信がない場合、お問合せ下さい)

チラシ 0129渡来人、富田林に寺を建てる